【自作戦記】『東部戦線』第1部『ポーランド電撃戦』~夏の終わりに・・・(3) ~

日付が変わり、8月26日となった。
レーダーも、オルブリッヒも、トラウペルも、皆がさっきまでは女の話で盛り上がっていたのに、今では皆、すっかり黙り込んでしまった・・・
家族や恋人や親友の写真を眺めている者、手紙を書いている者・・・普段のバカ騒ぎ連中からは想像もつかないほど、皆おとなしい。
マウラーもまた、砲脚の上に腰掛け、腕組みをして何か考え込んでいる・・・
皆が初めて経験する戦争に、緊張しきっている。
レーダー達誰もが今回のポーランドとのいざこざを、「単なる脅し行為」だと、そう思っていた・・・
まさか、本当に戦争をする事になろうとは、思ってもみなかった。
しばらくして、『火気厳禁』と書かれた札を貼った弾薬車が到着し、弾薬班が弾薬を運んで来た。
レーダー達は地面の上に雑毛布を敷き、その上に砲弾やら装薬やら信管やらを並べたりして、黙々と射撃の準備にとりかかる。
まもなく出されるであろう射撃号令に、レーダー達の緊張は頂点に達していた!
ところが・・・
どうした事か、いつまで経っても戦砲隊長から何の号令も流れて来ない。
明朝に攻撃開始と言ってたはずなのだが・・・?

*************************************************


それから30分程して突然、野戦電話がカチカチと鳴り出した。
オルブリッヒが電話に出る・・・
さぁ、いよいよか!

オルブリッヒ:「・・・はい、わかりました・・・。マウラー軍曹、各砲班長は至急中隊本部に集合せよ、と言う事です。」

マウラー:「よし、わかった・・・」

そう言うと、マウラー軍曹は中隊本部へと出向いていった・・・

レーダー:「おぃオルブリッヒ、どういう事だ?」

レーダーがオルブリッヒに、不思議そうに尋ねる。

オルブリッヒ:「さぁね?俺にもサッパリわからん・・・」

それから30分程して、マウラーが中隊本部から戻ってきた。

マウラー:「ポーランド軍への攻撃は延期となった。しばらくココで待機だそうだ・・・」

オルブリッヒ:「マウラー軍曹、それは一体どういう事ですか?」

オルブリッヒが、不思議そうな顔をして訊いた。
それに対し、マウラーが事のいきさつを説明する。

マウラー:「どうやらイギリス、フランスの両国が、今度こそ本腰を上げてきたらしいな。イギリス=ポーランド間の相互援助条約により、もしドイツがポーランドに侵攻すれば、イギリスもドイツに宣戦布告する、イギリスがそう言って来たらしい。イギリスが参戦すれば、当然仲良しのフランスも参戦してくるだろうし、そうなれば東のポーランド軍と、西のイギリス・フランス連合軍とで俺たちは挟み撃ちになる・・・」

レーダー:「それで再びポーランド、イギリス、フランスと外交交渉ってわけですか・・・」

グリューマー:「そうなったら、俺たちもしかしたら戦争しなくて済むかも?」

そう言い出したのは、この班で一番年若いグリューマーだ。

無理もない・・・
ブラントとグリューマーはまだ新兵教育を終えたばかりで、部隊に配属されてまだ間も無く、戦争なんてしたくないという思いも人一倍であろう。

それを打ち消すように、マウラーが答える。

マウラー:「さぁ、そいつはどうかな?ただ一つ言える事は、今の状況は俺たちにとってかなり不利な状況で、もしこのまま戦争を始めれば、俺たちはまた20年前ノあの大戦争(第一次世界大戦)の二の舞になるかも知れない・・・という事だ。」

第一次世界大戦でも、ドイツはやはりイギリス・フランス連合軍相手の西部戦線と、ロシア軍相手の東部戦線の二正面戦争を強いられた。
さらに遠く中国では、ドイツの植民地であったシャントン(山東)半島でも、日本軍相手に戦っていた。
こうした多方面での戦争に加え、共産主義者たちが起こした革命も加わってドイツは負けたのだ・・・

*************************************************


それから数日が過ぎた8月31日の夜、ポーランド国境沿いに待機していたレーダー達は、中隊本部に呼ばれていたマウラーから、重大な発表を聞いた。

マウラー:「いいか、よく聞け。明日、0445時、いよいよ俺たちはポーランドに侵攻する事が決まった。先に締結していた『独ソ不可侵条約』により、イギリス・フランス連合軍は出てこないだろうという上層部の判断の基に決定したそうだ・・・さぁ、いよいよだぞ!」

ヒトラーは共産主義を嫌っていたが、驚いた事に、その共産主義者の国、ソヴィエト連邦と8月23日に条約を結んでいたのだ!
グリューマーが言っていた「俺たち、戦争しなくて済むかも」という皆の望みは、脆くも崩れ去った・・・

*************************************************


1939年9月1日早朝・・・
濃霧に包まれた空が白みかけてきたその時、前方の方で、戦車が一斉にエンジンをふかす音が聞こえて来た。
そして、西の空から爆弾を積んだシュトゥーカ(ユンカースJu87B急降下爆撃機)の一群が爆音と共にやってくると、その白みかけた東の空へと飛んで行った・・・
<<      >>

テーマ : 自作歴史連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

段々不穏な風向きになってきましたねー。
ドイツはこれからポーランドに侵攻するんですよね。
ヒトラーがスターリンと結んだ条約って独ソ不可侵条約のことかなと思いました。

>>ponch様

こんばんは^^
おっしゃる通り、これからドイツは、ポーランドへと侵攻します・・・
段々と、不穏な空気に包まれてきましたね><
ドイツとソヴィエトとの条約は、『独ソ不可侵条約』の事ですね^^
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

『剣』と『弓』

Author:『剣』と『弓』
誕生日:12月13日&10月16日
血液型:どちらもB型

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも一覧

あやっぺの活動日記

今日ものんびりと

漢娘(かんむす)

Kh-Naasaドール工房

LandM創作所

戦士のズル休み

金属乙女 純心 "pure" kigurumi female mask 女装

にゃんこ日記

だるい公務員

気まま日記

えいしんさんのブログ

回るハロッズ

張良の孫の独り言

ASDポンチのアウトサイダー日記

地球防衛軍極東基地ウルトラ警備隊東南アジア支隊

けせらせら ♥
ブログランキング
ブログ村ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村 ゲームブログ WarThunderへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
完成品ギャラリー(準備中)
オストカピタル兵器工廠
オフィシャルサイト
WarThunder

株式会社タミヤ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる