【日記】芸術畑では無い絵描き、芸術畑では無いモデラー。

皆様、こんばんは^^
以前、ブロ友さんのponchさんが、ご自身の事を『芸術畑では無い絵描き』とおっしゃられてましたが、自分は同じく『芸術畑では無いモデラー』だと思っています・・・
先月から一応『模型誌』なる物を買う様には、なったんだけれども、正直、今のアート化された「プラモはこういう風に作らなければダメ!」みたいな風潮に、どうも馴染めない・・・

ところで今書いてる自作戦記の参考に、こういうサイトを見つけました^^
http://www1.m3.mediacat.ne.jp/cosbear/sovietcolor.html
ソ連軍の制服や階級章について書いてあるサイトなのですが、そこの親サイトを辿ってみたら、とても興味深い事が書いてありました・・・

*************************************************


◎子供だった頃の自分を忘れずに(以下、抜粋)
「『星の王子さま』は、一般にはこどもの本と捉えられていますが、大人はどれほどこの本の内容を理解しているのでしょうか?
 巷には『星の王子さま』の解説本や謎解き本とかあるようですが、現代人が普通に読んでもよく分からないからということで、解説本があるんでしょうか?もしそうだとしたら、現代人はかなりの重症のような気がします。(汗) 少佐殿はそんな謎々とか暗示とかのひねった本を書いたつもりはなく、心のままに素直に『星の王子さま』を執筆したのだと思います。それだからこそ、時代を超えてのベストセラーになっているのだと思います。

 この本には、次のような人が登場します。

 王様: 体裁を整えたい、他人に立派な人と見られたい人
 うぬぼれ屋: 他人に褒められたい人
 飲んだくれ: どうどうめぐりの人生から抜け出せない人
 実業家: 財産のために一生懸命仕事をこなす人
 点灯夫: 好きじゃない仕事だけど決まりを守って根気よく続ける人
 地理学者: 永遠に変わらない事物(目に見える事象や科学的事象)にしか興味のない人

 点灯夫だけは、王子さまは友達にしたかったと言っています。他の人はみな、自分のこと以外に興味がないか、他人は自分の引き立て役だと思っている人ばかりです。自分の人生は自分が主人公だという価値観を持ち、権力・富・知恵・威勢・名声・栄光・賛美を受けること、持つことに没頭しています。それらにエクスタシーを感じている人たちばかりです。

 そういう人たちとは友達になれないと思い、王子さまは地球へ来ます。しかし、地球で心からの友達になったのはキツネでした。地球には「人間」がほとんどいなかったからです。結局地球の人々も、前の星々の人たちと同じような人たちばかりだったのです。

 近代以降、特急電車が開発され、移動に費やす時間が短くなりました。世の中は便利になり、時間が節約でき、時間を有効に使えるようになりました。しかし、その節約できた時間を、大人たちは何に使っているのでしょう。結局、星々の人たちがしていたことに、さらに磨きをかけているだけなのです。現代の言葉で言えば、自分を認めてもらうためのSNSに熱心だったり、おいしいお酒を飲んでおいしい料理に舌鼓を打ったり、事業をさらに磨きをかけて大きくして、もうけを増やすのに熱心だったり、研究をさらに熱心に進めていって、科学技術などを進歩させて世の中を「便利」にしたり、という感じです。
 そこで少佐殿は、王子さまにこう言わせています。

「みんなは、特急電車に乗りこむけど、いまではもう、なにをさがしているのか、わからなくなっている。だからみんなは、そわそわしたり、どうどうめぐりなんかしてるんだよ・・・・・・・」(XXV章)

 他人から「いいね」と言われること、おいしいお酒や料理を楽しむこと、財産を増やすこと、知識を探求すること、世の中を便利にすること、このような一時のエクスタシーや刺激的快楽を楽しんでも、すぐその後には虚無感が待っています。永遠に続くものではありません。だから大人たちはその虚無感を紛らわすために、またさらに必死に一時のエクスタシーを追い求めるのです。文字どおり、どうどうめぐりをしているだけなのです。飲んだくれの星の人と同じなのです。

 この話は決して、「人生もっとゆっくり生きていこうよ」という表面的な生活速度、生活スタイルの話ではありません。それは手段の一つにすぎないからです。世の中にいるのは、衣食住に不自由しないお金持ちばかりではありません。たとえば今の日本でも、病気がちだったり、母子家庭や派遣社員、アルバイトなどで、年収が150万円以下しかない、毎日忙しく一生懸命に働かないと生活ができない人は、おおぜいいます。ましてや、地球上には、明日の食料にも困っているような人はおおぜいいます。このような人たちにとっては、「人生もっとゆっくり生きていこうよ」と言われたって、まったくもって金持ちのたわごとでしかありません。

 少佐殿が言いたかったことは、そういうことではなく、あなたは「さがすべきもの」を知っているか、ということなのです。お金持ちの人、生活が困窮している人、ゆったりしている人、忙しい人など関係なく、何が大切なものか知っていますか、ということなのです。
 大人たちは時間を節約したり、おなじ一つの庭で、バラの花を五千も育てているけれども、

「じぶんたちがなにがほしいか、わからずにいるんだ」「だけど、さがしているものは、たった一つのバラの花のなかにだって、すこしの水にだって、あるんだがなあ・・・・・・・・だけど、目では、何も見えないよ。心でさがさないとね。」(XXV章)

と少佐殿は王子さまの口から言わせています。


 「子どもたちだけが、なにがほしいか、わかっているんだね。」(XXII章)

大人たちも、かつては子どもでした。それはつまり、なにがほしいか、分かっていたのです。けれども、大人になるに従って、美しいもの、おいしいものなど、目に見えるもの、耳で聞こえるもの、口で味わえるものという、肉体で感じられるものに心を奪われ、何も見えなくなってしまったのです。

 もしあなたが「さがすべきもの」を見失っているとしたら、王子さまと同じ年頃だった頃の自分に聞いてみてください。あなたは知らないのではありません。忘れているだけなのです。王子さまと同じ年頃だった頃、あなたは自分を認めてもらうためのSNSに熱心だったり、おいしい料理に舌鼓を打ったり、もうけを増やすのに熱心だったり、研究をさらに熱心に進めていったり、などに没頭していましたか?

 いえ、王子さまと同じ年頃だった頃のあなたは、「さがすべきもの」を確かに知っていたのです。」

以上、抜粋終わり。

*************************************************


自分はこの記事を読んで、大変感銘を受けました・・・
子供の頃そうであったように、プラモも「作りたいから作る・・・」、それで良いのでは無いでしょうか?
「こういう風に作らなければならない・・・」って風潮になってから、どうも「プラモも敷居が高くなってしまったなぁ・・・」と、そんな気がしてなりません^^;

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

【AM誌】初AM

皆様、こんばんは^^
今回、月刊『アーマーモデリング(Armour Modelling)』誌を、初めて購入しました^^

AM20170400.jpg
今回買ったのは、4月1日発売の4月号。
奇数月は軍用機模型誌『スケールアヴィエーション』誌を、偶数月は戦車模型誌『アーマーモデリング』誌を、購入して行きます^^

AM20170401.jpg
4月号の特集は、『錆と傷』です^^

AM20170402.jpg
『傷』の表現法の解説。
塗膜の構造なども、イラストで解説してあります^^

AM20170403.jpg
こちらは『錆』の表現法の解説。
昔はちゃっちゃと組み立てて塗装すれば、終わりだったんだけれども、プラモも年々敷居が高くなって行くなぁ・・・
こりゃぁ、プラモ人口が増えない訳だわ^^;

AM20170404.jpg
戦車のみならず、銃器のコーナーまで載ってた@@
戦車や車輌の陰に隠れがちだけど、確かにフィギュアには、小火器は付き物だもんなぁ・・・

テーマ : 模型・プラモデル
ジャンル : 趣味・実用

アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
プロフィール

『剣』と『弓』

Author:『剣』と『弓』
誕生日:12月13日&10月16日
血液型:どちらもB型

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
ブロとも一覧

あやっぺの活動日記

今日ものんびりと

漢娘(かんむす)

Kh-Naasaドール工房

LandM創作所

戦士のズル休み

金属乙女 純心 "pure" kigurumi female mask 女装

にゃんこ日記

だるい公務員

気まま日記

えいしんさんのブログ

回るハロッズ

張良の孫の独り言

ASDポンチのアウトサイダー日記

地球防衛軍極東基地ウルトラ警備隊東南アジア支隊

けせらせら ♥
ブログランキング
ブログ村ランキング
にほんブログ村 小説ブログ 歴史・時代小説へ
にほんブログ村 ゲームブログ WarThunderへ
にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
完成品ギャラリー(準備中)
オストカピタル兵器工廠
オフィシャルサイト
WarThunder

株式会社タミヤ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる