【日記】芸術畑では無い絵描き、芸術畑では無いモデラー。

皆様、こんばんは^^
以前、ブロ友さんのponchさんが、ご自身の事を『芸術畑では無い絵描き』とおっしゃられてましたが、自分は同じく『芸術畑では無いモデラー』だと思っています・・・
先月から一応『模型誌』なる物を買う様には、なったんだけれども、正直、今のアート化された「プラモはこういう風に作らなければダメ!」みたいな風潮に、どうも馴染めない・・・

ところで今書いてる自作戦記の参考に、こういうサイトを見つけました^^
http://www1.m3.mediacat.ne.jp/cosbear/sovietcolor.html
ソ連軍の制服や階級章について書いてあるサイトなのですが、そこの親サイトを辿ってみたら、とても興味深い事が書いてありました・・・

*************************************************


◎子供だった頃の自分を忘れずに(以下、抜粋)
「『星の王子さま』は、一般にはこどもの本と捉えられていますが、大人はどれほどこの本の内容を理解しているのでしょうか?
 巷には『星の王子さま』の解説本や謎解き本とかあるようですが、現代人が普通に読んでもよく分からないからということで、解説本があるんでしょうか?もしそうだとしたら、現代人はかなりの重症のような気がします。(汗) 少佐殿はそんな謎々とか暗示とかのひねった本を書いたつもりはなく、心のままに素直に『星の王子さま』を執筆したのだと思います。それだからこそ、時代を超えてのベストセラーになっているのだと思います。

 この本には、次のような人が登場します。

 王様: 体裁を整えたい、他人に立派な人と見られたい人
 うぬぼれ屋: 他人に褒められたい人
 飲んだくれ: どうどうめぐりの人生から抜け出せない人
 実業家: 財産のために一生懸命仕事をこなす人
 点灯夫: 好きじゃない仕事だけど決まりを守って根気よく続ける人
 地理学者: 永遠に変わらない事物(目に見える事象や科学的事象)にしか興味のない人

 点灯夫だけは、王子さまは友達にしたかったと言っています。他の人はみな、自分のこと以外に興味がないか、他人は自分の引き立て役だと思っている人ばかりです。自分の人生は自分が主人公だという価値観を持ち、権力・富・知恵・威勢・名声・栄光・賛美を受けること、持つことに没頭しています。それらにエクスタシーを感じている人たちばかりです。

 そういう人たちとは友達になれないと思い、王子さまは地球へ来ます。しかし、地球で心からの友達になったのはキツネでした。地球には「人間」がほとんどいなかったからです。結局地球の人々も、前の星々の人たちと同じような人たちばかりだったのです。

 近代以降、特急電車が開発され、移動に費やす時間が短くなりました。世の中は便利になり、時間が節約でき、時間を有効に使えるようになりました。しかし、その節約できた時間を、大人たちは何に使っているのでしょう。結局、星々の人たちがしていたことに、さらに磨きをかけているだけなのです。現代の言葉で言えば、自分を認めてもらうためのSNSに熱心だったり、おいしいお酒を飲んでおいしい料理に舌鼓を打ったり、事業をさらに磨きをかけて大きくして、もうけを増やすのに熱心だったり、研究をさらに熱心に進めていって、科学技術などを進歩させて世の中を「便利」にしたり、という感じです。
 そこで少佐殿は、王子さまにこう言わせています。

「みんなは、特急電車に乗りこむけど、いまではもう、なにをさがしているのか、わからなくなっている。だからみんなは、そわそわしたり、どうどうめぐりなんかしてるんだよ・・・・・・・」(XXV章)

 他人から「いいね」と言われること、おいしいお酒や料理を楽しむこと、財産を増やすこと、知識を探求すること、世の中を便利にすること、このような一時のエクスタシーや刺激的快楽を楽しんでも、すぐその後には虚無感が待っています。永遠に続くものではありません。だから大人たちはその虚無感を紛らわすために、またさらに必死に一時のエクスタシーを追い求めるのです。文字どおり、どうどうめぐりをしているだけなのです。飲んだくれの星の人と同じなのです。

 この話は決して、「人生もっとゆっくり生きていこうよ」という表面的な生活速度、生活スタイルの話ではありません。それは手段の一つにすぎないからです。世の中にいるのは、衣食住に不自由しないお金持ちばかりではありません。たとえば今の日本でも、病気がちだったり、母子家庭や派遣社員、アルバイトなどで、年収が150万円以下しかない、毎日忙しく一生懸命に働かないと生活ができない人は、おおぜいいます。ましてや、地球上には、明日の食料にも困っているような人はおおぜいいます。このような人たちにとっては、「人生もっとゆっくり生きていこうよ」と言われたって、まったくもって金持ちのたわごとでしかありません。

 少佐殿が言いたかったことは、そういうことではなく、あなたは「さがすべきもの」を知っているか、ということなのです。お金持ちの人、生活が困窮している人、ゆったりしている人、忙しい人など関係なく、何が大切なものか知っていますか、ということなのです。
 大人たちは時間を節約したり、おなじ一つの庭で、バラの花を五千も育てているけれども、

「じぶんたちがなにがほしいか、わからずにいるんだ」「だけど、さがしているものは、たった一つのバラの花のなかにだって、すこしの水にだって、あるんだがなあ・・・・・・・・だけど、目では、何も見えないよ。心でさがさないとね。」(XXV章)

と少佐殿は王子さまの口から言わせています。


 「子どもたちだけが、なにがほしいか、わかっているんだね。」(XXII章)

大人たちも、かつては子どもでした。それはつまり、なにがほしいか、分かっていたのです。けれども、大人になるに従って、美しいもの、おいしいものなど、目に見えるもの、耳で聞こえるもの、口で味わえるものという、肉体で感じられるものに心を奪われ、何も見えなくなってしまったのです。

 もしあなたが「さがすべきもの」を見失っているとしたら、王子さまと同じ年頃だった頃の自分に聞いてみてください。あなたは知らないのではありません。忘れているだけなのです。王子さまと同じ年頃だった頃、あなたは自分を認めてもらうためのSNSに熱心だったり、おいしい料理に舌鼓を打ったり、もうけを増やすのに熱心だったり、研究をさらに熱心に進めていったり、などに没頭していましたか?

 いえ、王子さまと同じ年頃だった頃のあなたは、「さがすべきもの」を確かに知っていたのです。」

以上、抜粋終わり。

*************************************************


自分はこの記事を読んで、大変感銘を受けました・・・
子供の頃そうであったように、プラモも「作りたいから作る・・・」、それで良いのでは無いでしょうか?
「こういう風に作らなければならない・・・」って風潮になってから、どうも「プラモも敷居が高くなってしまったなぁ・・・」と、そんな気がしてなりません^^;
[ 2017/04/01 20:46 ] 日記/雑記 | TB(-) | CM(12)

子供の頃は素直に楽しいからでやっていたりしますもんね。
大人になると色々と出来るようになる分、
ある程度、質を求めたり、評価を求めたりしがちになりますが、
本当に「楽しいから」でやっていくのが一番なのかもしれませんね(´∀`)
他人からの評価を求めて頑張っても、
いつか苦痛な作業にしかならなくなりますしね~。
[ 2017/04/01 22:20 ] [ 編集 ]

>>ツバサ様

こんばんは^^
子供の頃は、プラモも「組み立てて、車体やタイヤに色を塗って終わり」でしたもんねぇ・・・
さすがにパーツの合いが悪いと萎えたけど、それ以外はあまり気にならなかったし、「色さえ塗り終われば、それで満足」、そんな時代でした・・・
いつからでしょうねぇ・・・「影を表現しろ!」だの「汚れを表現しろ!」だの言い始めたのは・・・
もちろん、『ジオラマ製作』を目指す人だったら、それでいいと思います。
いかに本物らしく作るか、それが『ジオラマ』ですから・・・
しかし、単品製作する人にまで対して、『汚し塗装』って必ずしも必要なのかなぁと・・・
もちろんしたい人はすればいいけど、別に工場からロールアウトされたばかりのピッカピカな状態でもいいのではないかと・・・個人的には思うんですよね^^;
自分は部屋の狭さの関係上、『ジオラマ製作』は考えていないし、コンテストに出す気も無いので、『ウェザリング(汚し塗装)』は負担にならない程度で、抑えておこうかと、思っています^^;
身の丈以上の事をやっても、却って苦痛になりますしね^^;
[ 2017/04/01 22:57 ] [ 編集 ]

う~ん、悩まれてますね~(◎ω◎)

kunchanも子供の頃を振り返ってみると、プラモを買う前はブロック遊びに夢中になっていたのを思い出しましたσ(・・*)
自分で考えた架空の飛行機や宇宙船などを思うところのままにブロックを組み立てて遊んでしました(^○^)

もちろん模型技術書に書いてあることも素晴らしいですが、それはそれで、そういうやり方もあるんだなぁと頭の片隅に置いておく程度でいいのかも…

むしろプラモデルにこだわることもなく、もっとくだけて、紙や木、粘土、ポリパテなどで自分で好きなものを好きなように自由に自作するのもいいかもしれませんね(o^∇^o)ノ
[ 2017/04/01 23:40 ] [ 編集 ]

>>kunchan様

こんにちは^^
いや、自分の中では既に、『ジオラマは作らない!(てか間取りと収納の都合で不可能!)』、『従って、必要最小限のウェザリングしかしない!』と決まっているので、今の所は特に、それ程悩んでもいないです・・・
ただこの先、「何だ、ただの素組みじゃねぇかwww」とか「下手だなぁwww」とか言う奴が出てきたら、モチベが下がっちゃうかもです^^;
匿名のネットの世界では、言わんでもいい事を言ってくるバカが、多いですからねぇ・・・

ブロック遊びは楽しかったですね^^
昔はブロックもゴツくて、数限られた物しか作れませんでしたが、今の『レゴ』などは薄型で、形も色々な物があり、創造力次第で色々な物が作れるそうですね@@

ポリパテや紙粘土で自分の好きな物を自作!
これも面白いかも知れませんね^^
http://www.tamiya.com/japan/deco/index.htm
実は自分、今、これに挑戦しようかと思っています^^

kunchanらしい楽しいご意見、ありがとうございます^^
[ 2017/04/02 00:09 ] [ 編集 ]

まずは「自身のために」ですね!

えいしんです。

仕事は「生きるため」、食べるのは「生きるため」、そして「趣味」は
「自分の為」に行うものだと思います。
生きるための作業以外の「自分の為」の作業ですので、「他人の評価」や、
「今の流行り」や、「こうあるべき論」は、本来意味がないはずですね。
しかし、なかなか、この様な人間の「業」に逆らえないのですが。
兎に角、少なくとも「趣味は楽しく」が大事かと思います。

それでは、お疲れさまでした。

[ 2017/04/02 03:42 ] [ 編集 ]

>>えいしん様

こんにちは^^
なるほど、趣味はあくまで『自分の為』ですね!
よくよく考えてみたら、自分も何も「他人に見せる為」や、「コンテストに出品する為」にプラモを作ってる訳では無いので、もっと自由に作ればいい・・・そういう事ですね^^
趣味はあくまで『自己満足』。
何だかんだ言って、自分も模型誌に振り回されていた様な、そんな気がしました。
自分はこの記事で言えば、『王様』か『うぬぼれ屋』か『飲んだくれ』の、どれかだった様な気がします・・・
貴重な御意見、ありがとうございます^^
[ 2017/04/02 11:33 ] [ 編集 ]

やっぱり趣味は自分のためにやるものですよね。
お金もらって絵を描く場合は仕事になりますが、そうでなければ趣味ですし、
趣味に他人から指図されなきゃならない謂れはどこにもないと思います。

大佐も自分とは意見が合いそうで嬉しいですね。
自分は美大を出てないので「芸術畑ではない絵描き」といいましたが、
誰も通らない芸術のけもの道を歩いてるというのがいつわざる信条でしょうか。
既に踏み固められて舗装された芸術にはまったく興味がないんですよね。
やはり大人こそ無心で絵を描いてた童心に帰ってみるべきだと思うんですよね。
キャンバスに絵を描けとか、リアリティのある塗装しろとか、いろいろうるさい
こといわれると、趣味も楽しめなくなってしまうと思います。
[ 2017/04/02 16:06 ] [ 編集 ]

>>ponch様

こんばんは^^
やっぱり、そうですよねぇ・・・
趣味は仕事じゃないので、色々と束縛されずに、自由にやりたいです^^;
誰も通らない『けもの道』・・・自分もそんな感じです。
舗装された道路に縛られて「あぁしろ!こうしろ!」ってのは、自分もちょっとダメですね^^;
参考程度にはしますが、「こうしなければならない・・・」ってのは、御免ですね^^;
趣味は本当に、子供の頃の純粋な「描きたいから描く、作りたいから作る」を忘れてしまって義務化してしまったら、楽しめる物も楽しめなくなってしまうと思うんですよね・・・
[ 2017/04/02 21:29 ] [ 編集 ]

そうですね。

趣味なのですからご自分が
楽しめなければ意味がないですよね。
作りたいものを、作りたい様に作るのが
いいのですよね。
模型誌とかの記事のテクは、使いたいモノ
だけ参考にするとか。
でもせっかく作ったら誰かに見せたいですよね。
ブログとかで誉めてられたらうれしいですし、
そこでけなしてくる人とかいるのですか?
もう、そういう人とかなんなんでしょうね?
気にしないでと言っても気になりますよね。
MMは、いつでも大佐様の味方ですから
ゆっくり楽しみましょう。
[ 2017/04/03 07:40 ] [ 編集 ]

>>TYPE MM04様

こんにちは^^
本当に趣味は、楽しめないと意味が無いですよね^^;
自分も模型誌のテクは、参考程度にしたいと思っています^^
コンテストとかにも出さないので、自由に作りたいと思いますが、ブログにはやはり、作品は載せたいですね^^
けなして来るのは、ブログに直に書いて来るのはあまり居ないかとは思いますが、こっそり『2ちゃんねる』辺りに晒してる奴は、いるかも知れませんね^^;
コメ欄に書いてきたとしても、そういう奴は大抵『名無し』とか『通りすがり』とか個人を特定できないハンネを使ってくる姑息な奴なので、気に留める必要も無いですw
[ 2017/04/03 13:22 ] [ 編集 ]

こんにちは(*^_^*)

自分の趣味だからこそ自由に気ままにやりたいですよね。
(ただし、他人に迷惑はかけるのはNGだと思ってます)
自己満足の世界ですが、「作りたい」「描きたい」
「書きたい」という気持ちは大事ですよね。
子供たちがある意味本能のまま生きてるので
羨ましいと思う事もよくありますよ(笑)
[ 2017/04/03 15:18 ] [ 編集 ]

>>りえ太様

こんばんは^^
本当に自分の趣味は、他人に迷惑かけない範囲で、自由にやりたいですよね^^
本当に、「作りたい」、「描きたい」、「書きたい」という心は大切。
自分もそう言う、子供だった頃の想いを、大切にして行きたいと思います^^
りえ太さんのお子さんも、今が一番楽しい時ですね^^
[ 2017/04/03 19:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する