【自作戦記】『東部戦線』第1部『ポーランド電撃戦』~それぞれの道(2)~

ブレスト市内のクラブでは、機長のマヤコフスキー曹長が、戦車小隊長と共に酒を飲んでいた。
そこへ、フョードラがやって来た。

マヤコフスキー:「おぅ、フョードラ、こっちだこっちだ!」

マヤコフスキーが手を振って、フョードラを呼んだ。

マヤコフスキー:「こちらは私の部下で、後部機銃手のシュパーギナ伍長です。こちらは戦車隊の、アファナシエワ少尉。」

オリガ:「よろしく。」

フョードラ:「よろしくお願いします。」

マヤコフスキーが紹介を済ませると、二人はお互いに挨拶を交わした。。

マヤコフスキー:「フョードラ、知っての通り、俺たちはこれから北に向かう。」

フョードラ:「今度の相手はフィンランドだそうですね。」

マヤコフスキー:「そうだ。」

フョードラ:「でも、今のこの季節にフィンランドだなんて・・・」

マヤコフスキー:「俺もそれを心配している。」

マヤコフスキーが溜息混じりに応えた。

マヤコフスキー:「これからの季節、フィンランドでの天候がどうなるか・・・」

フョードラ:「かなり、無理がありますね。」

フョードラが頷いて応えた。

オリガ:「戦車隊としても、上空からの援護が無いのは、かなり心細いですね。」

オリガも溜息交じりに、そう話す。

オリガ:「とにかく皆さん。今回の戦いは、厳しい物になるかも知れません。やられないよう、細心の注意を払って行きましょう!」

フョードラ:「わかりました。」

*************************************************


それから3日後。
オリガ達の戦車は貨車に積まれ、フョードラ達ソヴィエト軍機は、北のフィンランド国境沿いの飛行場に向けて、ブレストから飛び立って行った・・・
[ 2017/04/21 18:00 ] 自作戦記:東部戦線第1部 | TB(-) | CM(6)