【日記】予備自衛官の思い出

皆様、こんばんは^^
実は自分、6年間の陸上自衛官生活を終えた後も、予備自衛官として、更に10年程、陸自に籍を置いていました。
和歌山市から足立区に帰って来た時に就職した、内装屋の会社が全く自衛隊に理解が無くて、「そんな税金の無駄な所、さっさと辞めろ!」だの「召集訓練とかのせいで、仕事に穴を開けるな!」だのと散々言われてしまったので、仕方なく予備二等陸曹(米軍式に言うと、『二等軍曹』ね^^)の階級を最後に、自衛隊との縁を切りましたよ・・・
予備自すらぶぅぶぅ文句を言ってくる会社なので、年に40日以上も『召集訓練』を行う『即応予備自衛官』なんて物は、うちの会社では全く不可能でしょう^^;
今はもう、こんな年になっちゃったので、再び予備自衛官に入るのは、もう無理だろうなぁ・・・
そもそも『統合失調症』になった奴に、普通は『自動小銃』なんて、持たせないわなw

ちなみに自衛官の訓練はキツイけど、予備自衛官の訓練はめっちゃ楽ですよw
現職隊員では1,500m走るところを、予備自衛官では 1,500m競歩ですからねw
何と言っても予備自衛官の隊員は、一般企業からお借りしている身。
それを怪我でもさせて帰したとなったら、一般企業大怒りです@@

予備自で何が楽しいかと言ったら、やはり金曜日と月曜日の夜に、隊員クラブでビールを飲む事。
バイトの姉ちゃんも働いてるのですが、皆口説きまくってますな^^
自分は若い姉ちゃんと言うのもあまり好きではないので、カウンター席で酒を酌してくれる、自分と同年代ぐらいのアラフォー女性のところに行きます^^
やはり話は、若い子よりも自分と同年代の女の方が、色々と話を聞いてくれますよ^^
[ 2017/04/16 19:55 ] 日記/雑記 | TB(-) | CM(8)